口や全身の健康に

携わる経験を積み、

歯科医師としての

成長を実感しています。

MESSAGE

研修歯科医1年目

竹中 勇斗TAKENAKA Hayato
愛知学院大学卒

患者さんを科全体でフォローする体制

経験できる症例のバリエーションが豊富なことや、腫瘍、顎変形症、睡眠時無呼吸、インプラントなど多様な分野を専門とする先生方が在籍していることが、愛知医科大学病院の特徴です。そうした先生方のもとで研修を行い、歯だけではなく口や全身の健康に携わることができる歯科医師になりたいと思いました。患者さんを「個」で診るのではなく、歯科医師、看護師、歯科衛生士、歯科技工士などが連携して科全体でフォローしていることにも魅力を感じました。
当院の研修では、早いうちから上級医の先生と一緒に抜歯や簡単な外科的処置を経験します。実際に自分の手を動かし、一つひとつ先生に解説してもらいながら処置にあたる中で、疾患に対する考え方や治療手技を深く理解できるようになりました。実践の機会が豊富で、歯科医師としての成長を実感できる環境だと思います。

研修を進めるうちに、視野の広がりを実感

当院は上級医の先生が多く、ひとつの疾患に対してさまざまな考え方やアプローチの仕方を学ぶことができます。どの先生も優しく熱心に指導してくださり、分からないことがあればいつでも質問できる環境です。自主的な勉強や処置の練習の際も一緒に見て解説してもらえるため、日々のモチベーション向上につながります。
学生時代は虫歯や歯周病など、歯や口の中の疾患だけを中心に考え、全身的な背景を意識していませんでしたが、当院は他科連携が豊富で、全身疾患のある方の口腔管理を行うことが多々あります。また、かかりつけ医では管理できない疾患・状態の患者さんが紹介されてきます。
そうした患者さんに対しては、既往や内服薬から、それに伴う口腔内の状態や疾患を把握し、フォローすることが重要です。口腔内疾患が全身に及ぼす影響を考慮して対応することで、全身を視野に入れながら口腔を見ることができるようになりました。

スタッフの関係が良く、働きやすい職場

学生時代によく、口腔外科の忙しさや大変さを耳にしましたが、実際に研修を始めてみると、大変さ以上に大きなやりがいと充実感があります。スタッフ間の仲も良く働きやすい職場で、日々楽しく研修を行うことができています。
私の目標は、患者さん一人ひとりに寄り添える歯科医師になることです。この病院で研修を始めて外来や病棟で毎日多くの患者さんと接する中で、コミュニケーションの重要性を知りました。知識や技術ももちろん重要ですが、患者さんの考え方や治療に対する希望を聞いて対応することも、歯科医師に求められる力だと思っています。