幅広い症例を経験

できることが魅力です。

患者さんに寄り添える

内科医をめざしています。

MESSAGE

研修医1年目

小川 善之OGAWA Yoshiyuki
愛知医科大学卒

専門性に富んだ診療科が充実

学生の頃の臨床実習で、研修医の先生方や医師、医療スタッフの方々が熱心に働く姿を見て、自分もその一員として愛知医科大学病院で働きたいと考えていました。また、救急の先生が常駐し、専門性に富んだ診療科がそろっていることも、当院の特徴です。幅広い知識を身につけることができると考え、当院で研修を受けることを決めました。
これまでの研修で印象に残っているのは、循環器内科のローテ中に専門の先生方に心電図や心エコーについて詳しく指導していただいたことです。心電図や心エコーは救急外来でも頻繁に使用するので、この経験が自信につながりました。また、自分の成長を感じたのは、各科をローテする中でさまざまな先生方と関わり、習得した技術や知識を当直中に活用できたことです。TAVIやPCPSなど専門的な手技や機械を実際に見られることも、大学病院ならではの貴重な経験だと感じています。

当直での経験が、成長のきっかけに

卒後臨床研修センターの先生や職員の方々には、研修中の悩み相談や症例登録など、病棟での研修業務以外にもさまざまな形で大変お世話になっています。また、積極的に手技に参加させてくださり、どの科でも必要となる知識を指導してくださる各科の先生方にはとても感謝しています。
これまでの研修の中でもっとも自分の成長を感じたのは、当直での経験です。最初は不安でいっぱいでしたが、研修医2年目の先生方や専修医の先生方が手厚く教えてくださり、一人ひとりの患者さんに対して初期対応をじっくりと進めることができました。自分の中ではまだまだ山ほど課題がありますが、さまざまな対応力を磨いている実感があります。

研修医同士の距離が近く、相談しやすい雰囲気

愛知医科大学病院は、大学病院としての専門機能だけでなく、長久手市の市中病院としての役割を果たしている病院です。そのため、珍しい症例から一般的な症例まで、幅広く経験することができます。また、多様な専門科の先生方が多数在籍しており、手厚く専門的な指導を受けられる環境も大きな特徴です。研修医同士の雰囲気も良く、1年目と2年目の距離も近いため、相談や意見交換も気軽に行っています。
私の今後の目標は、2年間の研修で多くの経験を積み、さまざまな疾患に関する幅広い知識と基本的技能を学ぶことです。まわりの医療従事者に頼りにされ、患者さんに寄り添うことができる内科医になりたいと思っています。