REAL VOICE

愛知医科大学病院の初期臨床研修は、
仲間と切磋琢磨しながら医師としての実践力を磨く場です。
ここで経験したことのすべてが、未来につながります。

愛知医科大学病院の初期臨床研修は、充実した指導体制ときめ細かいサポートが特徴です。先輩・後輩の立場を超えてともに学び合う経験が、医師としての将来にどう役立っていくのでしょうか。専任教員の髙橋先生、専修医の天野先生、研修医の梶先生・上村先生に語ってもらいました。
病院全体で、研修医を育てていく風土

病院全体で、研修医を育てていく風土

    研修先として愛知医科大学病院を選んだ理由を教えてください。

  • 梶:大学病院ならではの専門的な医療を経験できることに加え、一般的な疾患にも多く触れられることが魅力でした。長久手市の市民病院的な役割を担っている当院ならではの特徴だと思います。
  • 上村:私は学生時代から当院で実習を受け、環境の良さやアットホームさを実感していました。また、各科の先生方のことを知っているという安心感もありました。
  • 天野:当院の先生方は、本当に熱心に教えてくださいます。研修医時代はどの科にローテイトした時も、「この科でずっと働きたい」と思うほどでした。
  • 髙橋:当院は、病院全体で「研修医をしっかりと育てていこう」という認識が共有されています。実際に指導現場を見ても、研修医がすごく大事にされていると感じます。
  • 上村:それは本当に実感します。指導医の先生方は、私たちの意欲を汲み取っていろんな経験をさせてくれます。私は1年目ですが、先日、急性虫垂炎の手術で執刀医を経験することができました。新しい経験をするたびに「もっとがんばろう」と思えます。

研修医同士で相談し合える環境がある

    救急外来の当直など、難しい場面をどう対応しましたか?

  • 上村:最初は、当直に入っても何をしていいか分からない状態でした。そういう時に助けてくださったのが、2年目の研修医の先生方です。「次はこの検査をしてみたら?」などと冷静にアドバイスしてくださり、心強く思いました。
  • 梶:研修医2年目の立場で言うと、1年目の先生に的確なアドバイスができた時、自分の成長を実感しました。1年間で経験してきたことの重みを感じる場面です。
  • 上村:研修医自体の数が多く、お互いに助け合えることは、当院の良い点だと感じます。また、私たちにとってありがたいのが、専用の研修医室があることです。そこに行けば必ず誰かがいて、悩みを話せば共感してくれます。「自分たちの居場所がある」という感じがします。
  • 梶:研修医室に行っていろんな人の意見を聞けるのは大きいですね。後輩の研修医も、大学時代から知っている人が多いので話しやすさを感じます。一方で、2年目になると、自分の仕事をしながら1年目の先生にも教えないといけないので、責任の重さを感じます。
  • 天野:その大変さは私も感じました。さらに専修医になると、自分一人で判断することが求められ、責任が重くなります。私が所属する呼吸器・アレルギー内科は専修医1年目でも一人の医師として患者さんを担当します。その責任はとても大きいですが、だからこそ勉強の必要性を感じ、より早い成長につながると思っています。
  • 髙橋:天野先生は研修医時代、どの科にいる時も本当に一生懸命だった印象があります。よく覚えているのは、小児科をローテしていた時に夜遅くまで論文を書いていたことです。最終的に小児科に進む予定はなくても、最大限の努力をする姿を見て、「こういう人が良い医師になるんだろうな」と思いました。

医師としての理想像がたくさんある

    天野先生が現在の診療科を選んだ理由を教えてください。
    また上村先生と梶先生の志望科を教えてください。

  • 天野:私が呼吸器・アレルギー内科に入ることを決めたのは、2年目の夏にローテした時です。新型コロナウイルス感染症への対応で大変な時期でしたが、私たち研修医に対してもきちんと向き合い、時間をかけて指導してくださいました。「この科の先生方は本当に素晴らしいな」と思い、ここで医師としての経験を積みたいと思いました。
  • 上村:私は今の時点では外科系を志望しています。学生時代からずっと、手術などの技術を磨いて多くの患者さんを救える医師になることを目標にしてきました。早く一人前の医師になることが目標です。
  • 梶:私は当初から産婦人科医をめざしてきました。当院の産科・婦人科は腹腔鏡下手術などの実績があり、幅広い医療を経験できる環境があります。いずれはそうした難しい手術を任される医師になりたいですし、安心してお産を任せていただける医師にもなりたいです。「こうなりたい」という理想像が、たくさんあります。
  • 天野:私も早く一人前の医師になり、どのような状況でも自分の力で対処できるようになりたいと思います。呼吸器・アレルギー内科の患者さんの中には、がんなどの病気で亡くなる方もいらっしゃいます。そうした患者さんとの接し方や、ご家族とのコミュニケーション方法を学ぶことも重要です。何でも相談してもらえる関係を築き、「この先生で良かった」と言われる医師になりたいと思います。
  • 髙橋:皆さんの話を聞き、充実した日々を過ごしていることが改めて分かりました。今まで通り貪欲に経験を積み、どの環境でも力を発揮してくれることを期待しています。
  • 髙橋 美裕希

    副センター長 専任教員・講師

    髙橋 美裕希TAKAHASHI Miyuki

    専門/血液内科
  • 天野 瞳

    専修医

    天野 瞳AMANO Hitomi

    出身地/愛知県 愛知医科大学卒・愛知医科大学病院 臨床研修修了
    所属/呼吸器・アレルギー内科
  • 梶 優太

    研修医2年目

    梶 優太KAJI Yuta

    [特別コース(産婦人科プログラム)]
    出身地/徳島県 愛知医科大学卒

    ・ローテ歴(1年次)/
    産婦人科、循環器内科、神経内科、消化器外科、呼吸器・アレルギー内科、プライマリーケアセンター、消化管内科、血液内科、救命救急科、泌尿器外科
    ・ローテ歴(2年次)/
    小児科、麻酔科、精神神経科、中央臨床検査部

  • 上村 綾菜

    研修医1年目

    上村 綾菜KAMIMURA Ayana

    [一般コース]
    出身地/愛知県 愛知医科大学卒

    ・ローテ歴(1年次)/
    産婦人科、腎臓・リウマチ膠原病内科、麻酔科、救命救急科、血液内科、消化器外科、プライマリーケアセンター

※ ローテ歴は、対談が行われた2021年10月時点のものです。